マイクロプラスチックって何?

近年大きな問題となっているマイクロプラスチック。

しかし名前を聞いたことはあっても詳しくは知らないという方もいるのではないでしょうか。

マイクロプラスチックというのはプラスチックが粉砕されて5ミリメートル以下と微細になったものです。

マイクロプラスチックは海や河川を汚染し、そこに住んでいる生物にも大きな影響を与えています。

では、具体的にマイクロプラスチックはどのような影響を及ぼしているのでしょうか?

 

生き物に悪影響を与えている!?

マイクロプラスチックは海洋生物に影響を与えています。

多くの海洋生物がマイクロプラスチックを摂餌し、物理的なダメージを受けているという報告もあります。

皆さんの身近にあるプラスチックを触ってみてください。

プラスチックは固いと思います。

マイクロプラスチックはプラスチックが細かくなったものということを考えるとマイクロプラスチックも固いということが想像できると思います。

さらに粉砕されているので鋭利になっています。

これを生物が呑み込みます。

マイクロプラスチックによって身体が傷つけられることが容易に想像できると思います。

そこから炎症を起こし最悪の場合死に至ります。

世界のニュースを見てみると実際に起きていました。

浜辺に打ち上げられた鯨の胃の中を見てみると大量のゴミやマイクロプラスチックが蓄積しており、内臓がゴミによって傷つきそこから細菌が入り込みそれが原因となり死亡していたという事例がありました。

また、マイクロプラスチックだけに限らないのですが海に浮かんでいるゴミを魚やウミガメなどが餌と間違えて食べてしまい、お腹の中に蓄積し本物の餌を食べられなくて死ぬということもあります。

餌を食べれなくて飢え死ぬわけです。

マイクロプラスチックによって海洋生物の命が脅かされているという問題を私たちは解決していかなければいけません。

 

マイクロプラスチックは汚染物質を運んでいる?

マイクロプラスチックに汚染物質が付着し運ばれているという問題があります。

これはマイクロプラスチックが化学物質を付着しやすいというと特徴によって引き起こされます。

またマイクロプラスチックは非常に小さいので海流に乗って長距離を移動します。

そのため汚染物質を含んだマイクロプラスチックが海全体や流れ着いた浜辺などを汚染してしまう可能性がある。

つまり世界中に汚染物質が世界中に広まってしまう恐れがあるということです。

この汚染物質を付着させたマイクロプラスチックを浜辺にいる生き物が食べれば体内に汚染ぶしつが蓄積されてしまいます。

マイクロプラスチックは環境汚染を引き起こすだけでなく生物にも悪影響を与えいるということになります

 

もしかして人間にも影響がある!?

私たち人間にも影響があるのではないか?

可能性としてはあり得ると思います。

マイクロプラスチックが海洋生物に影響を与えていることは人間にも影響があってもおかしくないのです。

汚染物質を付着させたマイクロプラスチックを小魚が食べ、体内に汚染とマイクロプラスチックを蓄積さてていきます。

汚染とマイクロプラスチックを体内に蓄積させた魚を大きな魚が食べます。

小さな魚を食べた分だけ体内に汚染物質とマイクロプラスチックを蓄積させます。

その大きな魚を私たち人間が食べます。

食べることにより私たちの体内にも汚染物質とマイクロプラスチックが蓄積します。

食物連鎖の上位にいる生物ほど体内に汚染物質とマイクロプラスチックを蓄積させていきます。

つまり生物濃縮が行われているということになります。

では健康に影響はあるのか?

それについてはまだはっきりわかっていません。

しかし野生生物には影響が出ています。野鳥の場合、血液検査で中性脂肪が高くなったり、栄養素が不足していたり。

これはプラスチックに含まれている環境ホルモンによるものではないかと考えられています。

この環境ホルモンが人に影響を及ぼすとすれば大変なことだと思います。



マイクロプラスチック問題に立ち向かう!

マイクロプラスチックは非常に小さく一度海に出てしまえば回収することは非常に難しいです。

さらに現在では大量のマイクロプラスチックが海中に浮かんでいるといわれています。

そのためどれくらいの数のマイクロプラスチックが海中に存在しているのか調査し、把握しておくことも大切だと思います。

私たちはマイクロプラスチックを作らないようにする必要があります。

マイクロプラスチックは元々プラスチックです。

そのプラスチックが雨風などによって細かく砕かれていき最終的には海に流されていくというわけです。

まずは出来るだけプラスチックを削減し、不要になったプラスチックをポイ捨てしない。

などマイクロプラスチックの元となるプラスチックの扱い方について考えていく必要があると思います。

しかしプラスチックをすべて無くすということは難しいと思います。

プラスチックは新型コロナウイルスと闘っている医療現場では必要不可欠なものです。

医療従事者の安全を守るにはなくてはならないものです。

「不要なものは減らす」、「他のもので代用できるなら代替品を使う」などできることから少しずつでも始めていくことが大切だと思います。

私たちがマイクロプラスチック問題に関心を持ち一人一人が行動がマイクロプラスチックを無くすために動く。

そうなっていけば少しでも早くマイクロプラスチック問題を解決することにつながるのではないかと思います。